金銭トラブル 解決

金銭トラブルを解決する方法がわかる

個人間の金銭トラブル、実はすごく多いのです。

 

友達に貸した、親や兄弟に貸した、親戚に貸した・・・などの金銭トラブルは泣き寝入りが多いです。
金額が少なければ諦めもつきますが、金額が大きいとそうもいきません。

 

最近、金銭トラブルで物騒な事件が多くなっています。
金銭トラブルには、弁護士や司法書士など法律の専門家などの第3者を交えたほうが安心だと思いませんか?

 

金銭トラブル 解決

 

近所で弁護士や司法書士を探したい!
女性弁護士を探している!
ベテラン弁護士を探している!

 

こんな時はこちらにお電話ください
例えば、東京都新宿区にある歯医者を電話番号案内で探してもらうような手軽さで、あなたのご要望にあった法律の専門家を探してご紹介します。

 

インターネットで調べても弁護士はたくさん見つかりますが、債務整理に詳しいのか、離婚問題に詳しいのか、ベテランなのかなどはわかりにくいです。
いきなり弁護士に電話して相談しても専門外だったら無駄になります。

 

まずは、こちらであなたに合った法律の専門家をマッチングしてもらいませんか?

日本法規情報

日本法規情報

日本法規情報案内サービスでは、法律問題かどうかわからない段階でも、事前に話をすることができます。

 

個人間の借金トラブルや相続問題などの専門の先生は違います。専門分野は複数あり、どこにでも相談していいわけではないのです。

 

専門家に相談する前に、日本法規情報サービスで現状を把握してもらい案内してもらえるので、間違った問い合わせ先に相談することがなくなります。

 

どんな小さな内容でも、問い合わせできます。

 

【案内無料】 24時間受付 全国対応

050-7576-1589

 

友人家族などとの借金のやりとりについては、個人間の金銭トラブルとなり、一般的なところでは対応してもらえません。
個人間の金銭トラブルには、貸した借りてないなどの返済のいざこざが多く、近くで対応できる専門家が必要ですね。

 

 

お金の問題でお悩みのあなたには、日本法規情報をおすすめします。

 

日本法規情報の相談窓口案内サービスには、全国に1000事務所、3000人以上の専門家がいます。

 

この業界トップクラスの中から、あなたの状況・お悩みに適した専門家を無料で案内してくれます。

 

 

 

ブラックリストって何?

金銭トラブルとブラックリスト
よく借金が返せなくなって自己破産をすると、ブラックリストに載ると言われますね。しかし、ブラックリストと言うリストはなく信用情報機関に情報が登録されることの通称となるのです。
もし新しくお金を借りようとすると、貸金業者は信用情報機関にあなたの情報が登録されていないか確認します。情報が登録されると返済できなかった事故情報として扱われ、お金を借りることはできなくなります。

 

信用情報機関はいくつかありますが、あなたがお金を借りた貸金業者(金融機関等、消費者金融会社、クレジット会社)がどこの信用情報機関を使っているかによって異なります。

 

全国銀行個人信用情報センター<KSC>
株式会社日本信用情報機構<JICC>
株式会社シー・アイ・シー<CIC>

 

信用情報会社には@債務整理の情報 A入金予定から3カ月以上延滞した場合 B延滞解消情報 C自己破産申立情報などが登録されます。登録される期間は情報の内容によって異なりますが5〜10年のものが多いようです。登録が消えない間は新たな借り入れが出来ません。