金銭トラブル 解決

金銭トラブルを解決する方法がわかる

個人間の金銭トラブル、実はすごく多いのです。

 

友達に貸した、親や兄弟に貸した、親戚に貸した・・・などの金銭トラブルは泣き寝入りが多いです。
金額が少なければ諦めもつきますが、金額が大きいとそうもいきません。

 

最近、金銭トラブルで物騒な事件が多くなっています。
金銭トラブルには、弁護士や司法書士など法律の専門家などの第3者を交えたほうが安心だと思いませんか?

 

金銭トラブル 解決

 

近所で弁護士や司法書士を探したい!
女性弁護士を探している!
ベテラン弁護士を探している!

 

こんな時はこちらにお電話ください
例えば、東京都新宿区にある歯医者を電話番号案内で探してもらうような手軽さで、あなたのご要望にあった法律の専門家を探してご紹介します。

 

インターネットで調べても弁護士はたくさん見つかりますが、債務整理に詳しいのか、離婚問題に詳しいのか、ベテランなのかなどはわかりにくいです。
いきなり弁護士に電話して相談しても専門外だったら無駄になります。

 

まずは、こちらであなたに合った法律の専門家をマッチングしてもらいませんか?

日本法規情報

日本法規情報

日本法規情報案内サービスでは、法律問題かどうかわからない段階でも、事前に話をすることができます。

 

個人間の借金トラブルや相続問題などの専門の先生は違います。専門分野は複数あり、どこにでも相談していいわけではないのです。

 

専門家に相談する前に、日本法規情報サービスで現状を把握してもらい案内してもらえるので、間違った問い合わせ先に相談することがなくなります。

 

どんな小さな内容でも、問い合わせできます。

 

【案内無料】 24時間受付 全国対応

050-7576-1589

 

友人家族などとの借金のやりとりについては、個人間の金銭トラブルとなり、一般的なところでは対応してもらえません。
個人間の金銭トラブルには、貸した借りてないなどの返済のいざこざが多く、近くで対応できる専門家が必要ですね。

 

 

お金の問題でお悩みのあなたには、日本法規情報をおすすめします。

 

日本法規情報の相談窓口案内サービスには、全国に1000事務所、3000人以上の専門家がいます。

 

この業界トップクラスの中から、あなたの状況・お悩みに適した専門家を無料で案内してくれます。

 

 

 

ブラックリストって何?

金銭トラブルとブラックリスト
よく借金が返せなくなって自己破産をすると、ブラックリストに載ると言われますね。しかし、ブラックリストと言うリストはなく信用情報機関に情報が登録されることの通称となるのです。
もし新しくお金を借りようとすると、貸金業者は信用情報機関にあなたの情報が登録されていないか確認します。情報が登録されると返済できなかった事故情報として扱われ、お金を借りることはできなくなります。

 

信用情報機関はいくつかありますが、あなたがお金を借りた貸金業者(金融機関等、消費者金融会社、クレジット会社)がどこの信用情報機関を使っているかによって異なります。

 

全国銀行個人信用情報センター<KSC>
株式会社日本信用情報機構<JICC>
株式会社シー・アイ・シー<CIC>

 

信用情報会社には@債務整理の情報 A入金予定から3カ月以上延滞した場合 B延滞解消情報 C自己破産申立情報などが登録されます。登録される期間は情報の内容によって異なりますが5〜10年のものが多いようです。登録が消えない間は新たな借り入れが出来ません。

 

 

家族間の金銭トラブル

 

借金と言うと消費者金融や銀行ローン、キャッシング、クレジットカードなどを想像しますよね。
これらは個人対会社なので分かりやすいですし、契約書が存在するはずですから責任の所在も明らかです。

 

しかし他にも家族間の借金や友人・知人間の借金だって存在します。
この場合は一筆書いてあればまだいいですが、何もないことも。
借金の存在すら証明できないので、トラブルになりやすいです。

 

このような家族間や友人・知人間の金銭トラブルのお困りの方でもお金の専門家に相談することができます。
どこに相談すればいいのか分からない方にオススメです。

 

 

借金と税金

 

世の中にはいろいろな形の借金があります。
クレジットカードでの支払い、キャッシングでの借り入れ、住宅ローン、カーローン、教育ローン、奨学金、そして未納の税金です。
クレジットカードやキャッシングは「借金」としての認識も強く、返済が滞ると親や家族、職場などにも迷惑がかかると思って優先的に返済される方が多いです。

 

つまり税金は後回しになりがちです。
しかしこれは大変な間違いです。

 

借りたお金は返済しなければなりませんが、働いても働いても減らない借金、終わりのない返済に陥っている場合は早めに専門家に相談しましょう。
クレジットカードやキャッシングの返済は自己破産をすれば返済義務が無くなる借金です。

 

しかし税金だけは違います。
税金は国民の義務であるため自己破産をしても免除されないものです。
借金の返済が優先で税金は払わなくても大丈夫と考えている方はご注意ください。

 

 

借金と物欲

 

お金に余裕がある人は、案外物欲がない人が多いです。
いつでも手に入れることが出来るので、今すぐ買う必要があるかないのかを見極めることができるからです。
物欲がないからお金が貯まるとも言いますね。

 

だから逆にお金がない人ほど物欲が高く、今買う必要のないものを衝動で買ってしまいがちです。
世の中には買い物欲を刺激する商品がたくさんあり、欲しいものを我慢できません。

 

期間限定・季節限定・数量限定・限定・限定・・・、そうやって物欲が高められます。
借金をしている人ほど家の中に荷物があふれていることが多いのは、そういうことなのでしょう。

 

デパートやショッピングモールに行かなくても、ネットやテレビを見ているだけでも買い物が出来てしまいます。
そうして買いすぎて返済できないほどの支払い額になってしまうのですね。

 

 

借金と奨学金

 

勉強するにはお金がかかります。
義務教育を終え、高校や大学に進学するためには、まとまったお金が必要です。

 

高校の授業料は無償化されたとはいえ、制服代・施設費・教科書代などはかかります。
大学は入学金と前期後期の授業料が4年間かかります。

 

これだけのお金を払って勉強するわけですから、生半可な気持ちで大学まで進学できません。
教育ローンや奨学金を借りて行く人も多いですが、これらはすべて借金です。
将来返済しなければならないお金ですから、借りる時にしっかり考えなければなりません。

 

教育ローンや奨学金の返済が出来なくて、自己破産する人もいます。
お金の事は自分任せにせず、しっかり家族や専門家と話合いましょう。